毎日使ってもらえる名入れカレンダーを作る手段

外注が便利なカレンダー

カレンダー

高いコストパフォーマンス

企業として名入れカレンダーを用意するのは年末の挨拶回りをするために必須のものとなっています。販促品としても重要性が高く、顧客に使ってもらえれば年間を通じて販促効果を期待することができる点で人気があります。これを外注して制作してもらうことが多くなっていますが、自社制作するよりもコストパフォーマンスが高いのが人気の理由です。名入れカレンダーの制作には印刷を行うだけでなく組み立ての作業も必要になります。人件費を考えると専門的に行っている業者に依頼した方が安上がりになる場合が多いのです。名入れの部分のデザインすらも外注してしまうことができるため、ほとんど労力をかけることなく名入れカレンダーを手に入れられるようになっています。

オリジナリティーの高さ

名入れカレンダーは基本的には既製品のカレンダーを選んで、そこにオリジナルの名入れをすることによって制作されます。しかし、オリジナリティーの高い名入れカレンダーを制作したいという企業側の声を受けて、名入れスペースを広くとった既製品も多く流通するようになりました。そのため、名入れ部分のデザインの考案次第でオリジナリティーの高いカレンダーも作成できるようになっています。労力や費用をかけたくない場合にはワンポイント程度の名入れしかできない既製品を選んで名入れをすることも可能であり、オリジナリティーに関する自由度が高まっています。既製品の種類も豊富に取り揃えるようになっていて選ぶ楽しみが増えているのも特徴です。

営業マンの必須アイテム

社内名刺印刷ソフトの導入が進んでいます。社内でその日のうちに印刷できるので、大変便利です。また、このソフトを使用することで、社員が自分でデザインした名刺を作ることもできます。統一された仕様ではなく、自分だけのデザインの名刺が持てるのです。

色々な企業が使っている

透明封筒に会社名や住所、連絡先などを印刷するなら、カラーバリエーションは豊富なのか、データを持ち込んでも良いのか調べておきましょう。一枚や十枚程度から対応している、当日に仕上げられるといった印刷業者がおすすめです。

利用頻度の高い文房具

企業で利用されている文房具の一つに、クリアファイルがあります。企業だけではなく一般家庭でも広く利用されていて、人気の高い文房具となっています。オリジナルの印刷をすることも出来るので、販促物としても人気の高い文房具になっています。